iPS細胞を使った育毛治療

京都大学山中教授が作製に成功した万能細胞であるiPS細胞ですが、このiPS細胞を使った育毛治療に画期的な効果があることが分かってきました。
皮下で毛根を包み込む筒状の組織で髪の成長のための栄養を貯める毛包がiPS細胞から作りだせたのです。

技術が完成した訳ではないので、すぐに実用化というわけにはいきませんが、髪を生やすための研究は今後も飛躍的に進む事が期待できます。現時点ではAGAの治療には保険が効きませんから、料金は行く病院によってまちまちです。

CM等でAGA専門を謳っている病院の場合は、普通のところに比べて高めの価格設定ですが、より専門的で幅広い選択肢の中から治療を受けることができます。だいたいの相場ですが、塗布や内服の処方薬による治療はAGA専門医にかかれば2万円、ふつうに町中にある病院では1万円前後であることが多いです。強い緊張や身体的な負荷が原因で抜け毛が一時的に進行する場合があります。
頭の一部分だけに丸い抜け毛が発生する円形脱毛症も症状が出るきっかけはストレスであることが多いです。
それから頭頂部や生え際が薄くなるAGAの発症も過度なストレスが背景にあることが少なくありません。

人間は強いストレスに晒されると体内のホルモンの分泌に変化が現れます。男性ホルモンはAGA発症に強く関わっているため、なにかしらのストレスが発症要因になっていることは想像にかたくありません。健やかで頑丈な髪の毛を今より増量するには、今より頭皮環境をよくすることと、育毛治療を並行することが大変重要になってきます。

頭皮の血行が改善されるにしたがって、髪の毛を作っていく毛母細胞に栄養分がしっかりと浸透するようになるからです。例えば、頭皮のマッサージをお風呂に入っている時にやることは大切ですが、すべてやり過ぎは逆効果になってしまいます。

酷く痛むほどに力を入れすぎたり、必要以上に長い時間マッサージし続けるとかえって頭皮には良くないことなのです。残念なことですが、国民生活センターには育毛サロンで詐欺に遭ったという被害報告が届いています。当たり前のことですが、多くの育毛サロンは適正な価格で施術を行ってくれています。

けれども、何かと理由を付けて高額な商品を購入させられたり、施術の結果には個人差があるものなのに、必ず発毛すると宣伝しているなど、何かおかしいと思った場合は、あらかじめしかるべきところに相談しておきましょう。
人によって説が違うのが、育毛中にコーヒーを飲んでもいいのか悪いのかということです。結果としては、適切に摂取するのなら、コーヒーも育毛にプラスになるものの、飲み過ぎるれば良くありません。ご存知のように、カフェインには血行を促進させる作用があるため、頭皮の血行不良が改善されれば、髪の成長にも嬉しいことです。けれども、飲み過ぎれば寝つきが悪くなるという作用もあるため、その点は育毛にマイナスになります。

AGAの検査も治療も保険適用外ですので、基本的に全額を自己負担します。放射線治療による脱毛などの場合は別として、男性型脱毛症の治療は痩身や美容整形と同じような分類で、美的観点での治療であるので、そこまでは公的な医療保険でカバーしていないのです。少しでも節約したければ、ジェネリック薬が出ていればそれを利用する、一年に一度、確定申告を行って医療費控除に計上することが考えられます。体全体の血行を改善して代謝を促すことは、頭皮の健全化を促し、AGAの進行防止にかなり深い影響力を持ちます。スポーツ以外で誰でも手軽に体を温める方法として、足湯というのもなかなか効果があります。量販店などでフットバス(足湯)マシンが売られているのを見かけると思いますが、ある程度の深さがキープできればバケツを利用するのでも構いません。

アロマオイルを使ったりバスソルトを使うのも楽しいものです。
度を超えたダイエットをしようとしている人は要注意です。

これは、髪の毛が薄くなってしまう場合があります。急激な食事制限を行うと、ほとんど取り込まれなくなった栄養分は命を維持する機能を優先的に選んで使われることになるのです。命に別状を来さない髪の毛には栄養分は後回しになり、髪の毛が抜けてしまう要因となるのです。食事は適量を守り適度な運動をすることが、頭皮や髪の毛にもダイエットにも大変重要なことなのがお分かりでしょうか。

栄養が偏ると体に不調が現れるように、髪の毛を強く美しくしたいのならば食事の際の栄養バランスに気を遣いましょう。
食事の改善をした上で育毛のために良質なタンパク質はもちろん、ビタミン、ミネラル、そして必須アミノ酸等が豊富な食品を十分に摂取するよう心がけてください。なお、大豆製品はこの栄養素の中でもビタミン以外の栄養素がすべて含まています。

大豆に含まれるイソフラボンという成分は髪の抜け毛を抑える効果が高いです。

あわせて読むとおすすめ>>>>>頭皮のニオイをシャンプーで改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です